薪ストーブの教科書|エイトノットストーブ

MAMAS-ママス-

エイトノットストーブ ママス

エイトノットR&Dのはじまりから・・・。
そしてこれからも・・・。

名もなき八角形の薪ストーブを受注生産で手作りし始めた頃、薪を綺麗に、効率的に燃やすための既存技術の改良や、新技術の開発を試みてたどり着いた、縦横比「1.3」の基本となったモデルです。

基本比率を決定するには外観デザインだけでなく、作り手の求める理想燃焼に近づけるための内部構造が大きく影響しています。

「焚き付けが簡単」「暖かい」「炎が綺麗」「火力調整が楽にできる」「ガラスが曇らない」「壊れない」

本当に良い薪ストーブを作ろうと情熱を込めて、後発国産薪ストーブメーカーとして、エイトノットが産声を上げるに至ったモデル。
ママスをデザインベースにスープアップしたものが「グランマ」、小さくしたのが「ドーター」になります。

エイトノットストーブ ママス 設計図

モデル名 MAMAS -ママス-
暖房方式 輻射式
燃焼方式 二次燃焼式クリーンバーン
本体サイズ 765×796×565( 幅×高さ×奥行 )
重量 180kg
材質 鋼板・キャスタブル
出力 13500k / cal
暖房面積 40坪
薪最大長さ 55cm
煙突口径 151Φ
価格 ¥680,000 (税別)